満月のリチュアル

新月は物事のはじまりであり、満月は物事がピークに達します。
満月は、手放し、浄化しすることで次の創造のサイクルへと向かう準備をするのに最適なタイミング。
満月の光は、私たちのスピリチュアルな進化を妨げるものに光を当てます。

 

一度私たちが自分自身をブロックしているものや方法に気づくようになると、それらを手放すことは容易になります。

満月のリチュアルは、もう私たちに必要のないもの、例えば、

成長を妨げる信念体系

食べ物などへの依存や

感情のバンパイアやドラマ

幸せでない仕事

傷つけ合う関係性

それらを手放し、身体的、感情的痛みの解放をサポートしてくれます。

 

満月のタイミングで「今」にふさわしくないものは感謝して手放し、新鮮さや新しいエネルギーを祝福し、招き入れましょう!

浄化や創造のペースを惑星や自然のサイクルに沿わせることは、身体や感情、精神面において、無理なく大いなる流れ・エネルギーと共同創造することにつながります。

自然のサイクルをたたえ、そのパワーや英知を取り込む機会として、ご自身のペースやバイオリズムを尊重する機会として、1ヶ月毎の創造のペース創りに、どうぞこの特別な機会をお役立てください。

参加の間はインストラクションに従い、ご自身とグループエネルギーの調和と発展にご協力ください。

 

最新のリチュアル・セレモニーはスケジュールよりご確認ください。

若返りの儀式 Youthing Ceremony

時計の針を巻き戻す

年に一度の特別な満月のセレモニー。

ハーベストムーン(中秋の名月)に行われる、知られざるトライブの若返りの儀式。

儀式のベースとなるものは、アフリカから伝えられたものです。

この儀式では、エイジングの時計を止め、巻き戻します。

若返り、セクシュアリティ、バイタリティ

人間の生命のはかりしれない潜在力を引き出します。

 

 

カカオセレモニー

ハートをひらいてあるがままに

神の食べ物”カカオ”

古代マヤやアステカでは、カカオは神秘の薬として、

神聖な儀式に使われ、抗うつや媚薬にも使われました。

カカオセレモニーでは、マヤの人々が育てた聖なるピュアカカオの恵みをいただき、

シャーマニックジャーニーが展開されます。

カカオのスピリットは、ハートの旅へと誘ってくれるでしょう。

そこではマインドを超えたハートの知恵を見つけることができるでしょう。

そのマジックとヒーリングによって、わたしたちと地球の本質である

愛や創造性、ハーモニーを取り戻します。

ウエサクセレモニー

天界と地上の間に通路が開け
ひときわ強いエネルギーが降り注がれるウエサク祭
瞑想を通じて光を受け取り
より深い変容と進化へとすすみましょう

 

<ウエサク祭とは>

ウエサク祭の起源はお釈迦様の降誕、悟りを開いた日、入滅の日が全てVisakha月の第一満月の日であったという伝承から来ています。地球のクラウンチャクラであるチベットのKaila山をはじめ、京都の鞍馬山、シャスタ山でも毎年4〜5月の満月にウエサク祭が行われます。各地でマスターたちと、非物質界のアセンデットマスターたちとが光と祝福をもたらし、世界中のライトワーカーが3次元レベルで、あるいはアストラルレベルで同時に祈りを捧げる特別な機会です。

<このような方へ、ウエサク満月は特別な機会です>
・ニューアースへ、高次の光をアンカーさせたい方
・個人あるいは人類の変容と進化を望む方
・個人的なライトボディの覚醒、ヒーリングエネルギーのアップグレードを行いたい方
<ウエサク満月のテーマ>
高次の視点からブループリントを俯瞰し、カルマと魂の契約を理解することにより
・恐れ、痛み、デュアリティ、幻想を穏やかに解放する
・より高いレベルでの地球上のミッション、奉仕の方法と自分自身とを結合する