DI ディバインヒーリング

〜 最も声高な祈り 〜

by Starr Fuentes (Master Healer, Spiritual Teacher )

 

ディバインについて説明することはおおよそ不可能に思えますが、DI (Divine Intervention/神聖な仲介) ディバインヒーリングについて、人間としての説明を試みます。

800人以上のDIプラクティショナーとティーチャーを教えたマスターティーチャーとして、その叡智について、プロセスと結果について、メカニズムについての洞察をお伝えしたいと思います。

DIは自然と天国が手をとり合い働くための、最も声高で明白な祈りの場所です。地球上での、他人と最も親密なつながりとは、その人に、あるいはその人のために、一瞬の天国のスペースを保持することです。

DIとは、源(ソース、神、ブッダ、至高のパワーetc.)の表れる場所。

物理面とスピリチュアル面が共に働き、瞬時に肉体やそれ以上のボディをオリジナルのブループリントに合一させる新しい方法を創造する場所。

DIとは腫瘍が床に落ち、病気が自然寛解する驚異の場所です。源が状況に介入し、ヒーラーを通じてより大きな物理的法則が効果を示し始めます。ボディが自然の完全性に戻る可能性は、天文学的に飛躍します。電磁エネルギーの割れ目によって、物体は源によって十分に使われることに従います。これが起きるとき、本来の構造(ブループリント)に不必要なものは何でも、体外に表出します。

源が介入するいかなる状況においても、いくつかの疑問が浮かび上がります。

この自然発生的なイベントに先行する必要があるものとは?

まず、ヒーラーはディバインが現れるためのスペースを創造する必要があります。

源はヒーリングの叡智とディバインパワーのブレンドによって指示を受けます。

ヒーラーはエゴから踏み出して、スピリチュアル的に、感情的に、それらに邪魔されない場所にいる必要があります。

ヒーラーは源の器であり道具であり、特定の次元を使って正確なヘルツ(周波数)を放つことによって源の波動を上げます。

ヒーラーの意識状態、抑圧された感情の総量、彼らのコアの原因はプロセスにおける重要なパートです。どれだけ良いエネルギーでも、彼らがレッスンを学び終えるまでは、または彼らの問題や病気を高次のパワーに完全に明け渡すまでは、ヒーリングは自然なペースでなされるか、または全くなされません。ほとんどの信念体系と、ほとんどの科学的な結果に取って代わる源とのつながりを確立することは、畏怖を引き起こすほどです。

奇跡は様々な方法でやってきます。

エネルギーは自然なヒーリングのプロセスに流れ込み、エネルギーのブロックはサトルボディや肉体から取り除かれます。

源とのつながりがペンの先ほどから高速道路ほどに広がる時、量子的飛躍の可能性は急増します。その時、科学者の言う”特異点”が起こります。ある状況で、あるいはすべての状況下においてシフトが起きます。

人々がスピリチュアルな道を進むに従い、DIを学ぶ機会が訪れるでしょう。

このメソッドは長く続くヒーリングのリネージを学んだティーチャーの存在下でのみ学ぶことができます。今の地球のエネルギーにおいては、このようなコースを学ぶことが可能になっています。

1996年1月、初めてのDIプラクティショナーが誕生しました。

実際にプラクティショナーやそのクライアントは、MRI検査の結果”全くガンのない状態”あるいは”継続的に縮小している状態”となりました。22名のプラクティショナーは1年間の間に驚くほどに変わり、私は思わず涙しました。卒業生は、源と天国がクライアントに現れるスペースを保持しています。

彼らは、ヒーラー、看護婦、プラクティショナー、または医者としてクラスに参加し、古い時代にはマスターのみが知り、行うことのできたことを携えて旅立ったのです。

リネージは再び手渡されました!

すべてを貫く神聖さとひとつとなるDI

〜ワンネスのヒーリング〜

by Mikasa (アシスタントティーチャー・日本語翻訳)

 

ヒーリングとはひとつとなること。(再び)全体となることです。

DIは神聖さとひとつとなる場所でヒーリングを行います。

究極的にシンプルで、純粋で、美しい、完全なる奉仕の場所です。

私はその場所で、全ての存在と意識を貫く神聖さとつながります。

 

わたし/あなた自身が豊かさそのものであること

わたし/あなた自身が美しさそのものであること

わたし/あなた自身が完全性そのものであること

 

そこには何の隔たりもなく、誰一人として、何一つ欠けているものなどないことを魂のレベルで理解するのです。

ヒーリングは最も美しいアートのひとつであると私の魂は言います。

ヒーリングは解放のアートですから、DIでは徹底的に古い信念、誤ったスピリチュアリティ、ジャッジとエゴを手放していきます。他のアート(術)と同じように、高い気づきを保ちながらその意識を完全に降ろすためには、練習が必要です。この特定の周波数と意識に、私の全てを合一させるために、ヒーリングを”する-Doing”のではなく私がヒーリングそのものと”なる-Being”ために、DIで通り抜ける様々なプロセスワークが助けとなりました。

多くの人がヒーリングを阻害することがらに無意識か、プロセスする方法を知らずあるいは知っているにもかかわらず反抗・自己妨害することによって停滞を経験しています。ヒーリングセッションを行うまでにヒーラーが知るべきこと、準備すること、ヒーラー自身が自分自身を癒す方法を学び、プロセスします。

それはひとえに、自分自身を尊重し、いたわり大切にする方法を学ぶこと、自分自身と宇宙の本質に目醒め、受け容れ、サレンダーすることなのです。

DIーディバインヒーリングはStarr Fuentesが学んだ様々なヒーリングの中でも、メキシコはマヤのグランデロ(マスターヒーラー)について、古代から伝わるヒーリングを学んだものです。その数年間、毎日何百人ものクライアントへのヒーリングの実践を通じて会得したエッセンスが詰まっています。

さらに、Starr Fuentesの60年間に渡るヒーリングワーク、数万人のクライアント症例、シャーマニックワーク、量子物理学と心理学、臨床の集大成であるテキスト・教材による座学に加え、ヒーリングテクニックの数々を学び、クライアントへのヒーリングを実践します。

より良いヒーラーになりたいという志の方から、自分自身へ集中的なヒーリングの機会を与えたいという方にも、その両方という方も最適です。

また、ヒーリングのプロフェッショナルとしての自立を促します。

ヒーリングセッションの一連の物理的・スピリチュアル的な準備や意識改革にとどまらず、ヒーラーとしてのギフトを伸ばす具体的な方法も見出せるでしょう。

受講によって約2週間のヒーリングコースを教えるDIティーチャーになる道も開かれます。

<内容>
・グランデロ(マヤのマスターヒーラー)の多次元ヒーリング
・様々なハンズオンヒーリングテクニック
・クライアント・プロトコール
・ヘルツ、周波数
・肉体、サトルボディの解剖学
・プロセスワーク
・アレルギーのヒーリング
・ガンの知られざる側面
・ヒーリングに必要なエネルギー
その他

 

DI ディバインヒーリングの開催地・スケジュールについてはこちら